menu

製造業に特化した会計事務所です

初回相談料無料 0120-196-276

 「田中角栄100の言葉」

公開日:2017年07月19日 カテゴリー:新着情報, 所長の部屋, ブログ タグ:

 

「田中角栄100の言葉」

 

本当の雄弁は相手の心をとらえる。

聞く人が、今日はよかったなと思うような話をする。

それが、本当の雄弁というものだ。

1.必要なのは学歴でなく学問だよ。学歴は過去の栄光。学問は現在に生きている。

2.手柄はすべて連中に与えてやればいい。ドロは当方がかぶる。名指しで批判はするな。

叱るときはサシのときにしろ。ほめる時は大勢の前でほめてやれ。

3.ウソをつくな。すぐにバレる。気の利いたことを言おうとするな。あとが続かない。

お百姓衆を侮って小馬鹿にするな。シッペ返しされる。

4.お前も宴会には顔を出さなくていい。みんな若いんだから羽目を外して楽しませてやれ。宿舎に帰るバスも手配しておくんだ。

5.相手の目を見て大きな声できちんと話せ。キョロキョロとして相手の目を見ないのはダメだ。声が小さいのは信用されない。

6.暗記教育は古く、くだらないという人があるが、暗記は教育の中で一番大切なことのひとつだと私は信じている。

7.祝い事には遅れてもいい。ただし葬式には真っ先に駆け付けろ。本当に人が悲しんでいるときに寄り添ってやることが大事だ。

8.人の悪口は言わないほうがいい。言いたければ便所で一人で言え。自分が悪口を言われたときは気にするな。

9.失敗をイヤというほどしたほうがいい。そうするとバカでないかぎり、骨身に沁みる。判断力、分別ができてくる。これが成長の正体だ。

10.人の人生はやはり運だと思う。実力があってもダメなものはダメ。努力と根気、勉強、こういったものが運をとらえるきっかけになる。

税理士 尾 中  寿

今月のお薦め図書 別冊宝島編集部 『田中角栄100の言葉』宝島社

 

検索

Facebook

Facebook Pagelike Widget